« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

出産記録

遅くなりましたが、出産日の記録を・・・pencil

前日
眠っているときから、1時間毎にお腹が痛くなり、おしるしも2回。
あまり眠れず・・・

午前中、30分~1時間毎に腹痛。
ウォーキングrun1時間。

痛みが10分間隔の時もあり出血も増えてきて心配になり、病院へ電話。
(初産は5分間隔で連絡と言われていたけど・・・)
じっとせず普通に過ごすように言われる。

旦那とまた1時間runウォーキング。
痛さにうずくまりながらも歩く。
でも痛みが遠のき、喫茶店でお茶cake

夜になってまた10分ごとの痛み。規則的になる。
23時 尿漏れ?破水?の感覚がして、病院へ電話。
すぐ来るように言われる。
このころ10分間隔の痛み。

当日
0時前 病院hospital 着。
やはり破水。一緒に旦那とLDRに入る。
またも眠れぬ夜・・・
陣痛は5分になったり20分になったり定まらない。
うとうとしながら過ごす。

朝になり、陣痛は3~5分間隔。午前中ずっと苦しむsad
朝ご飯は全然食べれない。
実母や義母が病院へ来てくれるも、私は必死で対応出来ず。
このころが痛みに耐えるピークimpact
子宮口も大分開いてきた。
呼吸法したり、バランスボールや椅子に座ってみるも効果無し・・・
助産師さんのマッサージがありがたい。

昼。痛みの間隔が遠のいてきてしまうwobbly
昼ご飯を無理矢理少し食べる。

15時頃。
陣痛の間隔がさだまらないので、陣痛促進剤を使う。
点滴して様子を見る。
また5分間隔になって、子宮口も全開に。

16時半頃。
体力も限界になってきて、助産師さんからいきみ開始の合図。
でもやっぱり陣痛の波が弱い。
2時間くらいいきんだけど、赤ちゃんの頭が見えたところから進まない。

夕飯も食べたくないが水分cafeだけでもと飲むものの、吐いてしまったweep

会陰切開してもらうhairsalon
さらにいきんで頭がでてきかけるも出ない。

最後にはDrにお腹にのってもらい、赤ちゃん誕生sign03
誕生したときには、もう外は暗くなりかけnight・・・19時前。

私の頭はふらふらだったけど、しっかり赤ちゃんの泣き声が聞こえ、安心する。
助産師さんが私の胸に赤ちゃんをのせてくれると
ずっしり重くてすごく温かいheart01
横を見ると、立会いを渋っていた旦那がビデオmovieを撮りながら号泣crying
疲れてぼーっとしていたけど、旦那を見て産んで良かった、生まれて良かったと思った。

後産もなかなか出ず・・・Drにお腹おされまくり。
点滴を長めにすると言われる。
点滴の間に、赤ちゃんに授乳。shine誰が教えたわけでもないのに力強く吸ってくれ感動。

その後はLDRで3時間休んで、病室へ移動。

こんな感じでお産が終わりました。
ともかくお産には体力がいる!が感想です・・・
赤ちゃんは3500㌘、身長53㎝を越えた大きめだったことと、
私の陣痛の波が弱くて、なかなか出てこず時間がかかりました。

でも病院の人の助けや家族の強力で無事に産めた事、
そして長い長い治療を経て、ここで皆さんに励まされたり、
O先生の所でチャンスをもらい、妊娠出来た事、
ほんとに感謝heart02の気持ちでいっぱいです。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

お礼

出産報告にたくさんコメントいただき、ありがとうございます。

なかなか返事ができなくてごめんなさい。
育児でバタバタ・・・というのもあったのですが、なんと1ヶ月を迎える前にベビが熱を出して入院していまい、落着かずweep
怖い病気では?!と心配しましたが、旦那の風邪がうつったからだったようで、今は元気です。

また改めて出産の時のことをUPしようと思っています。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »