« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

破水

また更新が遅れました。

というのも、なんと14週で 破水 という診断が出て、12日間の入院生活を送っていました。

出血が!と思ったら、何となく血が水っぽい感じで、30分ほど横になってもどんどん出てくる感覚があり、今まで散々出血はあったけど、こんなに長いこと止まらないというのは初めてで、怖くなって病院へ電話。

診察前でしたがDrに診てもらったら、破水反応がある・・・と。

そう言われても破水の重大性がその時にはわからず、ぽかーんとした感じだったけど、説明を聞いて頭が混乱。

赤ちゃんは羊水があるから無菌でいられ、羊水が減ることで感染症になるのが一番怖い事。
こんな早い時期の破水では、早産にもならず流産の確率がとても高いこと。
助かっても奇形などが出る可能性はわからない事。
・・・色々説明してくれたけど、結局難しいと言うことが言いたいのが伝わった。

でもやっとできた大事な子だし・・・とDrの 
「数%の確率にかけて入院して様子みていこう!」 との判断で、即入院となりました。

14週での破水というのは珍しいらしく、症例もあまりないとのことで、なんでこう私たち夫婦にはこうも確率の低い事が起こってしまうんだろう・・・
旦那が早退してきて病室に来たら、涙がでました。

この2~3日の間に結論はでると思うと言われ、ある程度の覚悟もしたけど、
お水は止まってくれ、羊水の量も減っていない。赤ちゃんの心拍も確認できる。子宮口も開いていない。という事で、大きな山を越えることができました。

ただ、入院中に出血があり、子宮に大きめの血腫が出来たのでこれが小さくなるまでは・・・と退院が延び、でも全然小さくなる気配もなく、出血も止まっていたので、自宅安静に切り替わりました。

この血腫は外に出るか、吸収されるかだそうですが、大きいので出てくれた方が良いみたいです。
家に戻ってからは出血が続いています・・・それで血腫が小さくなるなら良いけど、退院後初の診察では、全然小さくなって無かった・・・でも私の場合、出血より羊水が大事だから、出血があっても安静にとしか仕方ないようです。

私も血をみて怖さもあるけど、水でなければ・・・そして赤ちゃんが元気でいてくれたらもうそれでいい、と思うようにしています。

そんな事で、引き続き安静・・・の生活が続きます。
気がつけば安定期に入った所なのですが、私には関係ないのかも。
またしばらく書き込めませんが、どうぞ皆様元気でいましょうね。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »